歯周病治療診療のご案内

虫歯より怖い歯周病!

国民の7割が歯周病?
歯を失う原因の第1位が歯周病って知ってますか?

[写真]歯周病治療

歯を失う原因として思い浮かぶのが「むし歯」と思う方が多いと思いますが・・・実は日本人が歯を失う第1位が歯周病と言われています。
なぜ?歯周病が抜歯まで至ってしまうのでしょうか?
それは、歯周病には虫歯のような痛みがほとんどなく 、自覚症状がないうちに進行する生活習慣病の1つだからです。痛みや膿が出るなどの症状が出ているときはすでに歯周病が進行している事がほとんどで、重症化されている方もいらっしゃいます。
しかし、歯周炎や軽度の歯周病であれば、正しいブラッシングと定期的な歯科医院でのクリーニングなどを行えば、歯ぐきの炎症や歯が浮くような感じ、また歯を失うようなことを防ぐ事が出来ます。

メンテナンスコースはこちら▼

歯周病の進行は体調によっても左右されます

年齢とともに進行する歯周病も関係あります

[図]年齢別の歯周病

歯科疾患実態調査によると歯周病の中でも歯周ポケットが4ミリ以上の進行した歯周病は、年齢が上がるほど増加する傾向があります。
グラフのように、20歳以降になると歯周病の方が7割を超え、働き盛りの45歳以上までの方は8割となり、若い方から多い病気であると言えます。一番注目していただきたい点が55歳を超えると、歯周病が重症化されていることです。
歯周病は時間をかけて進行する病気ですが、その進み方は一定ではなく、プラーク(歯垢)の中に歯周病菌やカラダの免疫力が弱くなると急激に進行するなどの繰り返しをして進んで行きます。
精神的なストレスや加齢、生活習慣の乱れ、喫煙者、糖尿病などは免疫力を低下させ、歯周病を悪化させ、かつ、全身への影響を及ぼします。

メンテナンスコースはこちら▼

薬で治す歯周内科的治療とは

お口の中の粘つきや腫れや出血は歯周病が原因かも!?

[写真]お口の中にある細菌

毎日歯を磨いているのになぜ歯周病になるの?と思う方もいらっしゃいます。実は原因があります。お口の中には、おおよそ300~500種類の細菌が存在しています。
この細菌がお口の中の粘つきの物質を作り出し、歯の表面にくっつきます。これをプラーク(歯垢)といい、なかなかうがい程度では落ちません。また歯周病を引き起こすと呼ばれる細菌が存在していることが解明されています。
最近になって歯周病が簡単に薬で治す事が出来る方法が見つかりました。原因である歯周病菌やカビの菌を特定し、それぞれにあった薬でその菌を退治する事が出来ます。これが顕微鏡を使った歯周病内科的治療と言います。

歯周病内科治療の治療方法

お口の中の汚れを少し採取して、上記の位相差顕微鏡検査で現在の菌の状態をなどを確認し、細菌除去薬剤を内服をします。
内服薬は、抗生物質(ジスロマック)を1日1回2錠を3日間服用するだけで、歯周病菌の存在が減少し、口腔内の環境を改善するすることができます。
この薬が備えている食細胞を利用したドラック・デリバリー・システム(ファゴサイトデリバリー)により、成分が感染局所に集中して留まり、長期的に強い抗菌力を発揮します。
その後、カビの除去剤やカビ取り歯磨き剤による歯磨きをおこない、再感染予防のために定期的な歯石取りと行います。

メンテナンスコースはこちら▼

歯周病の基本的な治療

歯周病の基本的な治療はプラークコントロールと
スケーリング、SRPが重要です

[写真]歯周病治療

プラークコントロールが歯周病治療の基本となります。
歯周病の原因であるプラーク(歯垢)は粘着性が高いため、時間が経つにつれとれにくくなります。逆に出来たばかりのプラークであれば、しっかりブラッシングをすれば落とすことが出来ます。
ただし、歯周ポケットに入ったプラークや石灰化になった歯石は、通常のブラッシングだけではなかなか取り除くことが出来ません。
歯周病の原因菌を出来るだけ減らし、出来るだけ細菌のすみ家であるプラークや歯石を徹底的に除去します。
その柱となるのがプラークコントロールです。
セルフケアとプロによる専門的なケア(歯科医院での治療)を行う事で相乗効果が発揮されます。
歯周基本治療は、歯科医院で機械的な処置を行うスケーリングとルートプレーニングと呼ばれる「SRP」が必須となります。

SRPとは

歯面や歯周ポケットに付着している歯石を除去する事がスケーリングで、スケーリングの終了後の歯周ポケットの奥に入り込んだプラークや除去ををするとともに、根面をなめらかに整える(ツルツル)ことがルートプレーニングと言います。この2つを行う事でポケット内のプラークや歯石を取ることが出来ます。

メンテナンスコースはこちら▼

歯周病治療 外科的処置について

重度な場合は外科的な処置もする事も

[写真]山林歯科医院 山林院長

歯周病の進行度にかかわらず基本的な治療であるプラークコントロールや歯石除去は行いますが、歯周ポケットを浅くする事が出来ない場合は、外科的な処置をする必要があります。フラップ手術(歯肉剥離掻爬術)と言って歯肉をメスで切開をして、歯根の汚れた部分をキュレットと呼ばれる器具で歯石を除去します。
また、溶けた骨や失われた歯周組織の再生を促す「歯周組織再生療法」を行うことがあります。その代表的な方法として「エムドゲイン法」や「GTR法」です。
エムドゲインとは、スウェーデンのビオラ社で開発された新しい歯周組織再生誘導材料です。 エムドゲインの主成分(エナメルマトリックスデリバティブ)は、子どもの頃、歯が生えてくるときに重要な働きをするタンパク質の一種です。歯周外科手術の際に、手術部位にエムドゲインを塗布することにより、歯の発生過程に似た環境を再現します。こうして、初めて歯が生えたときと同じような強固な付着機能をもつ歯周組織の再生を促すのです。
またGTR法とは、歯槽骨がなくなっている部分に、GTRメンブレンという特殊な膜を覆い被せ、歯肉上皮の侵入を遮ります。

メンテナンスコースはこちら▼

歯周病予防・歯周病ケアが最も大切です

[写真]治療イメージ

歯周病は主に口腔内の細菌が原因で発病する疾患です。細菌を生涯除去し続ける事が歯周病を予防し、お口の健康を維持するために必要となります。ブラッシングが不十分であったり、定期的な歯科医院でのメンテナンスを怠ると細菌が活動しはじめ、歯周ポケットが深くなり容易に再発します。
お口の健康を維持するためにも歯科衛生士による専門的なクリーニングによって除去してもらうことや歯周病検診を定期的行う事が何よりも大切です。
山林歯科医院では、歯周病を予防、歯周病ケアを中心にした「メンテナンスのコース」をご用意しております。あなたにあったベストケアコースをお選び頂けます。

メンテナンスコースはこちら▼

メンテナンスコース

メンテナンスコースⅠ

メンテナンスコースⅠ

12,960円+税

【内容】健康診断+歯石除去+オプション全て込(所要時間60~90分)
コースⅡに加えて更にキレイでありたい方へのコースです。健康診断によりあなたの希望と口腔状態別1歯単位でケア内容を組み合わせ、お手入れを行います。

メンテナンスコースⅡ

メンテナンスコースⅡ

9,000円+税

【内容】健康診断+歯石除去+PMTC+ポケット洗浄+フッ素(所要時間45~90分)
これ以上、むし歯や歯周病を増やしたくない方へのコースです。むし歯と歯周病からお口を守るお手入れを行います。ご希望によりメニューリストと組み合わせて頂けます。

メンテナンスコースⅢ

メンテナンスコースⅢ

8,500円+税

【内容】健康診断+歯石除去+PMTC+フッ素
※フッ素なしの場合はコースⅢは7,000円+税です。(所要時間45~60分)
健康な方でこれからも、むし歯や歯周病を予防したい方へのコースです。歯表面の100%磨きを行います。口腔状態やご希望に合わせ、メニューリストと組み合わせて頂けます。

オプション

PMTC

PMTC

各コース標準

歯の100%磨き。日頃の歯ブラシでは取り切れない歯の表面のバイ菌の棲家(バイオフィルム)を取り除くことで虫歯や歯周病の予防に効果があります。

エナメルリペア

エナメルリペア

日ごろのお食事や歯磨きなどで歯面についた細かい傷に、トリートメント剤で栄養を補給して傷を埋めることで滑らかにし、細菌や汚れの 付着を抑え、病気のリスクを減らします。続けることで歯磨きもどんどん楽になります。

ステインアウト

ステインアウト

歯の表面にこびり付いたヤニや茶渋などの着色を専用の機械を使ってキレイにします。

ホワイトケアのメニュー表を見る

ポケット内洗浄

ポケット内洗浄

歯ブラシが届かない歯と歯ぐきの隙間が深い歯はバイ菌が溜まり歯周病を悪化させます。歯ぐきの奥に溜まった汚れを洗浄と消毒すること により、清掃により、清掃にして歯周病を防ぎます。

フッ素塗布

フッ素塗布

1,500円+税

フッ素で歯をコーティングする事で歯を強くし、バイ菌から歯を守ります。

診療時間・アクセスACCESS

〒579-8053 大阪府東大阪市四条町1-14クリニックプラザビル3F

【交通手段】
近鉄「難波駅」より奈良行き/普通電車30分 「瓢箪山」下車 南へ徒歩5分
【お車の方】
専用駐車場をご用意しております。

診療時間 日・祝
09:30-12:30
14:00-19:30

※土曜日は09:00〜13:30まで。【休診日】水曜日と土曜日の午後/日曜日/祝日

TEL:072-981-8108