インプラント治療

安心で安全なインプラント治療に定評があります

インプラント治療なら東大阪の歯科山林歯科医院
自然に噛める!天然の歯のような第二の歯と言われてます

インプラントとは、歯を根まで失ってしまった場合に、骨にフェクスチャーと呼ばれる人工の歯根を埋め込み、人工の歯を被せることで、自然の歯のような感覚が取り戻すことが出来る第二の歯と言われています。

今まで入れ歯やブリッジなど採用するケースが多かったですが、「固い物を食べられない」「見た目があまり美しくない」などの悩んでおられる方に最適な治療法です。
部分的に歯が抜けている方や全て歯を失われている方にオススメなインプラントは、ご自身に自信が生まれ、心から笑顔が出てきて、明るくなっていく姿を見てきました。

お口の機能性と審美性が解消されることで、人生そのものが楽しく、幸せになっていくお手伝いをさせていただくのが、東大阪の山林歯科医院です。

インプラントの長所と短所

安全と確実なインプラント治療で成功させるために

東大阪で安全で確実なインプラントをする為には歯科用CT完備が必須です
最先端の歯科用CTやマイクロスコープ、専用のオペ室を完備しております

山林歯科医院では安全で確実なインプラント治療を行うため、科学的な根拠に基づいたインプラントシステムを用いて治療計画を立案を行う事が非常に大切だと考えております。
東大阪市の歯科医院では初の歯科用CTレントゲンを設置しています。 最新式のコンピューターを駆使し、患者様にも安心してインプラント手術を受けて頂いています。 インプラントは、歯がなくなった顎骨(アゴの骨)に埋め込むものです。通常、歯科で撮影するパノラマレントゲンでは、骨の高さや横幅はわかっても二次元的な情報しか得られません。左の写真のように、CT(多断層レントゲン装置)を撮影し、その情報をSim/Plant(シンプラント 横河マテリアライズ)というインプラント埋入シュミレーションソフトを用いると、骨の高さや横幅はもちろんのこと、骨の奥行き、硬さ、神経までの距離などインプラント治療の適応であるかないか、どのような術式の選択が必要か、手術を行う前にシュミレーションをおこないます。

Sim/Plant(3次元CT画像解析/シミュレーションソフト)とはCT(多断層レントゲン)で撮影した画像を元に患者さんの状態を数値化でシュミレーションするシステムです。このSim/Plantを使う事により、顎骨の形態的な情報や骨密度などを数値的に的確に把握することが出来、コンピューター上でインプラントの埋入シミュレーションが行えるため、より安全で確実なインプラント手術が可能になります。
また、患者さんにも丁寧でわかりやすく説明する事ができるので、安心してインプラントの手術を行って頂けます。

また確実に、より短時間で、より快適に行えるように業界最高水準の機器を完備した最新の手術室があります。外科的な手術に必要な無影灯、顕微鏡、麻酔システムなど、完備しており、患者様が安心して治療をしていただける最新の設備と衛生的な専用のオペ室です。

インプラント手術のオペ室

インプラントの認定医である高い技術力と豊富な経験

山林歯科医院の院長は日本でも数すくない国際インプラント学会の認定医です
当院の院長は日本でも数少ない国際インプラント学会の認定医です

国際インプラント学会(AIAI)が実施する審査に合格している認定医です。 最新の情報・技術に精通しておりますので、安心して治療をお任せください どんな方でも行ったことのない歯科医院で治療を受けることは、非常に勇気の要ることだと思います。 安心して患者様がインプラント治療を受けて頂くためにも、多くの実績や経験がある歯科医院を選ばれる一つだと考えております。 当院は長年インプラント治療に関わり、数多くのインプラント治療を行ってまいりました。また難しいと言われていた手術も数多くの実績がありますので安心して治療を受けて頂けます 海外の先生の講習会へ時間が許す限り参加し、日々最新の技術を学んでいます。

難症例に対するために、世界最先端の技術を日々学んでます。

東大阪ヒルズインプラントセンター 山林院長が所属するOSIスタディーグループは、スエーデンのDr.クリスターソンを最高顧問に迎える 世界基準のインプラントを行うスタディーグループに参加しております。年に数回世界的権威のDr.クリスターソンよりオペサポートを行い、世界レベルの高い技術や手法を身につけ、患者さんの負担に少ない方法・難症例へ適応について研究しております。

安心してインプラント治療を受けて頂けます

インプラントの10年保証

インプラントの保証は10年
インプラントの10年の保証システムとは?

インプラント治療は、決して安いものではありませんので、耐久性は気になるもの。 素材は純チタンを使用しております。ほぼ本永久的に機能することがわかってきています。 しかし、インプラント治療が終わったからと言って、メンテナンスを怠ると長く使うことが出来ません。 天然の歯と同じように、毎日のホームケアはもちろんのこと、歯科医院で定期的なメンテナンスを受けていただくことで、長く快適に使うことができます。 当院ではこのようにキチンと定期検診やメンテナンスを受診している方に限り、10年保証を設けております。

インプラントの手術について

インプラント治療に痛みや怖さなどご心配の方へ
痛みや怖さなどご心配の方へ

インプラントを行う上で、痛みや所要時間などが気になるかと思います。 どうしてもインプラント埋入を行うためには、歯肉の切開や顎の骨に穴を開ける作業などを行うため「手術中は痛いのでは?」「腫れたり、痛みがありそうだから怖い」など、なかなかインプラント治療を踏み出せない方がいらっしゃいます。

しかし、「痛み」「怖さ」などの心配することはありません。
インプラント治療を経験された方のほとんどが、 「気がついていたら、終わっているような感じ・・・」とおっしゃっております。 インプラントの手術を行う際は、身体の負担など大きい全身麻酔ではなく、局所麻酔を使用します。そのため、手術中の痛みはほとんどありませんが、局所麻酔は歯を削ったり、意識がしっかりされているので、手術の恐怖感や緊張感などのストレスを感じ場合があります。 少しでも身体の負担や緊張や恐怖感など感じることなく手術が行うことが出来る「静脈内鎮静法」という麻酔方法で当院では行います。

骨の幅や高さが足りない方のための治療

GBR
骨増生手術 GBR法

インプラント治療を行う上で、骨の高さや厚みを不足して諦めていませんか?
山林歯科医院では骨の厚みや高さが不足している方や、難しいと呼ばれる手術でも健康的で美しい仕上がりを可能にします。GBR法(骨再生誘導法)とは、骨の厚さが不足している場合に歯槽骨を再生させる治療方法です。
細かく砕いた自家骨もしくは骨補填材を置き、その上にメンブレンという人工膜を置きます。 歯肉などの柔らかい組織が混入しなくなるので、骨の再生が促進されます。 骨の移植をして約6ヶ月後位にインプラントを埋入します。

サイナスリフト
サイナスリフト(上顎洞挙上術)とは

上顎の骨の再生手術の術式の一つです。
上顎の奥歯の骨が足りない場合、インプラントの埋入は出来ません。このようなケースの場合に行うのがサイナスリフトです。
サイナスリフト(Maxillary Sinus Augmentation)は上顎の奥歯を抜歯したケースで良く用いられる治療法です。上顎の歯槽骨の上部(頬骨の奥)には、上顎洞(サイナス)という大きな空洞があり、鼻腔へとつながっています。この空洞は様々な要因がきっかけとなり、拡大する傾向を持っています。さらに、歯がなくなると歯槽骨も吸収しますので、上顎においては歯槽骨側と上顎洞側から骨吸収が進行することも少なくないのです。そこで、膨らんできた上顎洞に移植骨や骨補填材を填入して、上顎洞の底部分を押し上げる技術が開発されました。これが上顎洞底挙上術です。

ソケットリフト
ソケットリフト(上顎洞挙上術)とは

サイナスリフト同様に上顎洞底挙上手術法の一つです。
サイナス・リフトとは異なり、上顎洞を露出させず口腔内より上顎洞底の歯槽骨を挙上させるとともに、上顎洞の底部の膜(シュナイダー膜)の弾力を利用して行います。具体的には、上顎の歯肉を切開して歯槽骨を露出させ、上顎洞の底部の骨を専用の器具(オステオトーム)で槌打して、現れたシュナイダー膜を上顎洞内に押し上げるようにして、膜を剥離していきます。

スプリットクレスト
スプリットクレスト(歯槽堤分割術)とは

骨の高さはあるけど、骨の幅が足りない方、骨がやせ細っている方に行う治療法です。
インプラントを行うためには歯槽骨の救急などにより骨の幅が足りないとインプラントの埋入が出来ません。歯槽骨が5mm以下の場合に行う処置です。 歯槽骨が吸収を起こし、インプラントを入れるための骨幅が不足している場合に 行う治療方法です。骨頂から器具を入れ、骨を二分割し、そこにインプラントを埋め込みます 。

インプラントの流れ

インプラント治療前のカウンセリング
①カウンセリングと検診

患者さまのご要望を伺い、患者さまと情報を共有し 理想の笑顔になれるよう十分に時間をかけます。

インプラント治療前の治療計画
②診断に基づいた治療計画をご説明

検査結果の資料を基づいて、安全で確実な情報が得られるシンプラントというインプラント埋入シュミレーションソフトを使って最終的な治療目標についてご説明させて頂きます。患者様のニーズに合わせた治療計画を立て、術式、治療期間、費用、リスクなどのインプラント治療に必要な説明を行います。

インプラント埋入手術
③インプラント埋入手術

インプラント治療を行う前に、むし歯や歯周病疾患がある方はインプラントが出来ません。そのために、虫歯や歯周病治療をおこないます。また、骨の厚みなど足りない方や歯周組織の破損がひどい場合は骨増生法をもちいた治療をします。
インプラント埋入手術とは、人工の歯根を顎の骨の中に埋め込む手術です。手術前に立てた治療計画をもとに、必要な長さや直径を持った純チタン製のインプラントを埋入し、最後は歯肉を縫い合わせます。当院は静脈内鎮静法による無痛インプラント治療ですのでリラックスしながら安心してお任せ下さい。

インプラントの上部構造の装着
④上部構造の装着

プラスチックの仮歯(暫間補綴物)で慣らした後に、最終的な歯(最終補綴物)を作製していきます。 材質はセラミックや金合金などで作製します。セラミックは見た目は美しいですが、欠ける危険性があります。金属は見かけは悪いですが、機能的で丈夫です。材質や歯の色は利点及び欠点を考慮しながら、歯科医師と技工士が患者様とご相談の上、一緒に決定します。

定期検診・メンテナンス
⑤定期検診・メンテナンス

インプラントは治療終了後のメンテナンスがとても大切です。インプラントは虫歯にはなりませんが、メンテナンスを怠ると歯周病と同じ症状を持つインプラント周囲炎を招く可能性があり、悪化するとせっかく入れたインプラントが抜け落ちてしまうリスクが高まってしまうのです。 メンテナンスをしっかり行うことで、インプラントを長持ちさせることができます。お口の病気を防止し、インプラントを長く使うために、定期的な検診を受け、しっかりメンテナンスを継続しましょう。

診療時間

月~土

9:30 a.m. - 19:30 p.m.

休診日は水・土曜の午後
日曜日・祝日

初診予約・歯科相談フォームはこちら